Belly Dance

Danse Orientale

Raqs al Sharqi

オリエンタルダンス(ベリーダンス)の起源

一般的に称されるオリエンタルダンスとは、アラブ諸国(中東・マグレブ)の踊りの総称で、ベリーダンスという呼称でも親しまれています。ヨーロッパでは、フランスのナポレオン一世によるエジプト遠征時に本格的に知られるようになりました。
アラブ諸国ではRaqs al sharqiと呼ばれ、世界最古の踊りの一つとして広く世界中で知られています。古代エジプトで豊穣祈願、母体礼賛の祭式として踊られていたという説もあります。どういう風な発展を遂げたかには様々な諸説がありますが、インドの北西から移動してきたジプシー達が各地に影響を与えたと言われています。ジプシー達はインドの北西からアラブ、マグレブ諸国、スペインまで往来をし、異なる音楽やダンスを取り入れていきました。
ジプシー達は各地の伝統的な踊りを発見し、彼らのスタイルに取り込むことに非常に長けていました。そして、ジプシー達の踊りや音楽は現地の人々へ影響を与えました。

オスマン帝国時代

13世紀後半から700年続いたオスマン帝国時代、様々な階級の女性がハーレムに住んでいました。多くの女性は芸に長けており、音楽を奏で、詩を詠いました。
ダンスは主に女性同士で踊っていたとも言われています。自由の無い女性達だったので、踊りは女性同士で楽しむものだったのかもしれません。よくヨーロッパの絵で女性がスルタンや男性の前で踊っているものが見られますが、植民地時代にヨーロッパ人が描いた誇張されたイメージによるところが大きく、実際は違ったようです。
当時ヨーロッパ人はそういったことを知らず、娼婦がお客の前で踊っているところを見てそれがオリエンタルダンスなのだと認識し、オリエンタルダンス=娼婦のような極端なイメージが生まれたようです。

アラブ-アンダルシア音楽、ムワシャハット

オスマン帝国時代、スペイン南地方のアンダルシア人がマグレブ諸国へ移住し、踊りと音楽が交じり合いました。
アンダルシア音楽とアラブ音楽やベルベル音楽が出会い、アラブ-アンダルシア音楽が形成され発展していきました。
アラブ-アンダルシア音楽は歌が根幹にあり、ムワシャハットという詩の形式があります。ムワシャハットはカイロ、アレッポまで拡がりました。
現代でもオリエンタルダンスの演目の一つとして踊られており、ベリーダンスを語る上では欠かせません。特徴的な音楽形式とリズムから成るムワシャハットはとても優美に踊られます。

GawazeehとAlmée

エジプトではオスマン帝国時代、大衆的なガワジー、高貴なアルメ
に分かれていました。
ガワジーはジプシーの流れを汲む人々でストリートや大衆的なお祭りで踊っていました。
アルメは宮廷の女性もしくは良家の子女でクラシックダンスを身に付け、音楽や詩にも秀でた教養のある女性達でした。

Badia Masabni(バディア・マサブニ)とカイロのナイトクラブ

Badia Masabniは1920年代に現在踊られているベリーダンスの母体を作ったダンサーとして知られています。
Badiaはカイロにヨーロッパのキャバレーから影響を受けた音楽、歌、踊りでお客を楽しませるナイトクラブCasino-Operaをオープンしました。Badiaはダンサー達にオリエンタルダンスのみならず、バレエリュスのクラシックバレエ、ラテンダンスを習わせました。そこでオリエンタルダンスにターン、腕の運び方、舞台での洗練されたフォーメイションやステップなどが加わりました。

エジプト映画の黄金期

1930年代から50年代までエジプトの映画界は黄金期を向かえました。
多くのミュージカル形式の映画が生まれ、女優は演じるだけでなくダンスも踊り歌も歌いました。
女優/ダンサーという職業が確立され、高名な作曲家に音楽を依頼するようになりました。
映画はアメリカンミュージカルコメディー、バレエリュスのステップにエジプトの踊りなど(カイロのBaladi, Fellahi, Gawazeeh、Muwashahat等)を融合しました。

Badia MasabniのダンサーであったSamia Gama(サミア・ガマル) Tahia Carioca(タヒア・カリオカ)はエジプト映画黄金期の大スターでした。
またNaima Akef(ナイマ・アケフ)もBadiaのクラブで踊り、サーカス出身の身体能力を生かして映画などで独自のスタイルを築きました。

こうしてキャバレーや映画で踊られるようになり、それまでは即興で踊られていたオリエンタルダンスに初めて振付というものが生まれました。
現在踊られているオリエンタルダンス(ベリーダンス)の始まりがここにあるといってよいでしょう。

Mahmoud Redaと民族舞踊の舞台化

Mahmoud Redaは1951年プリンシパルダンサーにFarida Fahmyを据え、兄弟のAli Redaと作曲家のAli Ismailと共にレダ民族舞踊団を創設しました。エジプトの各地方を周り、各地方の民族舞踊(音楽、衣装、ムーブメント)を細かく観察し、舞台芸術に昇華しました。
もうひとつ有名な舞踊団として国立の民族舞踊団(koumeyya troupe コウメイヤ トゥループ)があります。

Ibrahim Akef

Ibrahim Akefはサーカスの一座Akef家出身でNaima Akefは従姉妹にあたります。偉大な振付家であり、たくさんのオリエンタルダンサーを輩出しました。
現代までエジプトで活躍している多くのダンサーは彼に指導を受けました。
私が教えを受けたDjamila Henni ChebraはIbrahim Akefの愛弟子でした。彼の教えをとても大切にし、彼から受け継いだオリエンタルダンスの真髄を私達に伝えてくれました。

60年代以降エジプトの映画黄金期は終わりを告げ、次第にオリエンタルダンサーも減少していきますが、その後もNagoua Fouad, Suher Zaki,  Azza Sherif,  Mona el Said,  Fifi Abdou,  Aida Nour ,  Lucy,  Dinaといったスターダンサーが誕生しました。Dinaは現在でも第一線で活躍しています。

オリエンタルダンスの現在

現在はアジア、アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ全土と世界中で踊られています。その国々で独自に発展したものもあります。
オリエンタルダンスが自由で寛容な踊りで様々な発展を遂げているのはとても興味深いです、
その反面、自由な踊り故のことですが、あまりにもかけ離れ、身体のムーブメントの追及のみに走り、エッセンスや文化を蔑ろにすることは残念なことだと感じることもあります。

オリエンタルダンスの主な種類について

Sharqi(Oriental)

映画やナイトクラブで発展したスタイルでバレエの影響(ステップやターン、アラベスク)が見られ、流れるように優雅にステージを移動し、洗練されて華やかなスタイルです。また道具としてベールもよく使われます。
衣装はツーピースやドレスなどです。

Baladi

20年代からエジプトで発展したスタイルです。
当時地方からたくさんの人々が仕事を求めてカイロへ来ました。
そういった中で、地方と都市部の音楽、楽器、踊りが交じり形成されたと言われています。Baladiは祖国という意味です。重たく力強い腰のムーブメントが特徴的で、オリエンタル(シャルキ)スタイルと比べると泥臭く即興で踊られることが多いスタイルです。綺麗に魅せるように踊るというよりも、ダンサーはミュージシャンや観客とコミュニケーションを取りながら踊ります。
最初はタキシーム(独奏による即興演奏。バラディはアコーデオン、サックスなどがよく使われる)やマワール(即興で歌う)から始まり、マスムーディサヒールのリズム(バラディリズムとも言われます)が主導になり徐々に音楽は盛り上りをみせます。
衣装は主にバラディドレスやガラベイヤにシンプルなヒップスカーフをつけて踊られます。

Saidi

エジプト南部のサイード地方起源の民族舞踊です。バトンを使ったダンスとマーシャルアーツの融合のようなものでTahtibといいます。
女性が踊るときはアサヤと呼ばれるステッキを使ったりバトンを使ったりしますが、戦いのような要素は省かれます。
衣装は伝統的なロングドレス又はガラベイヤで踊られます。

Gawazee

インドの北西からやって来たと言われる移動の民ジプシー達に起源を持つ踊りで、シミーというヒップを震わせるムーブメントを多用し、陽気でエネルギッシュなお祭り色の強い踊りです。サガットというフィンガーシンバルを道具として使うことが多いです。

Shaabi

大衆的な踊りでオリエンタル(シャルキ)スタイルとは正反対のスタイルです。
70年代初頭からシャービー音楽で活躍した歌手Ahmeyd Adewayyaは映画にもたくさん起用されました。現代のシャービー歌手ではSaad El Soghayar, Hakimなどがよく知られていますが、無名のシャービー歌手もたくさんいて大衆的な結婚式などで歌われています。
シャービー音楽の歌詞の内容はお祭り的なもの、愛について、政治や世の中に対する不満など多岐にわたります。
ダンスはオリエンタルスタイルのようなエレガントとは対極にあり、ムーブメントもシンプルですが、バラディのように力強いヒップワークやグルーブ感、オリエンタルスタイルとは違ったフィーリングが必要です。

他にも、Shamadan, Malaya leff, Haggalah, Fellahi, Tannoura, Nubien, Zaffa, Bambouti,bedouin, Khaliji 等があります。

また欧米などでオリエンタルダンスをベースにした創作舞踊も生み出されています。

オリエンタルダンスは女性の持つ本来の美しさ、生命力、愛情、喜びや悲しみといった様々な感情を表現します。
お腹や腰の動きに特徴がありますが、身体全体を使って表現される踊りです。アイソレーション(身体の各パーツを独立して動かす)もこのダンスの大きな特徴のひとつです。また体幹が非常に重要です。当スクールではピラティスのレッスンも行っており、ピラティスで体幹と深層の筋肉を鍛えることでベリーダンスに良い効果をもたらします。